全部あるじゃん

困ってることは何ですか?
「無いです」
気になることは何ですか?
「無いです」

と答えると
困った顔されちゃう

満たされてるからこその
「無い」もの探し

やめたら

不安も無くなるよ。

 

 

大海を彷徨うが如く

好きなことってなんだろう

本当の自分ってなんだろう

自分の存在ってなんだろう

なんで自分はここにいるんだろう

何を求めてるんだろう

 

 

漂って

漂って

漂って

 

 

 

 

そんなことを考えていることこそが

好きなことだと気付いた

 

私は好きなことをしているんだ

と思えたら

大海を彷徨っていたはずの自分が

 

 

気持ちの良い風に吹かれながら

大海を眺めていた

 

 

海はどこまでも広い

 

 

 

 

甘いんだなぁ〜

近道ばかり探す自分

楽したい自分

めんどくさがりでいい加減な自分

言い訳ばかりする自分

やる前から諦める自分

臆病な自分

見栄っ張りな自分

 

嫌いなところ

自慢できないところ

挙げたしたらキリがない

 

 

 

 

と思ったら

意外にも

さほど思い当たらない

 

私は

自分にとっても

甘いらしい☺️

 

 

もう

厳しく自分を律して苦しんでるフリ

 

やめます

 

 

命日

今日8月23日は母の命日。

でも今年は実家に帰らず

空に向かって手を合わせた。

 

元気です。

ありがとう。

 

幸いにも父は今でも

あちこちガタがきながらも

ひとりで生活してくれている。

 

本当にありがたい。

 

もし

私が

逃げ出したい時に

帰る場所がまだあるということ。

 

父が生きていているということ。

 

本当にありがたい。

 

 

今度帰ったら

この前喜んでた

お好み焼きを作ってあげよう。

 

 

 

 

 

 

 

ふるさと

岡山県倉敷市

 

私の育った町

 

もう離れて30年になるけど

 

時が経てば経つほど

 

帰りたいなぁ〜と思う

 

 

思春期の頃は

ただただ退屈な町だった

 

あっという間に通り過ぎてしまうような

商店街

価値のわからない美観地区

夜になると真っ暗になる田んぼ道

 

でも

今となっては

かけがえのない私の一部

 

土台ができたところ

 

岡山県出身とか岡山名産

倉敷出身とか倉敷銘菓なんて聞くと

無条件に応援したくなる

自慢したくなる

 

 

今年はいつ帰ろうかな

選択


朝陽が昇るのが少しづつ遅くなって
蝉の大合唱の中に哀愁を感じ
吹く風に遥か彼方の落ち葉の匂いを嗅ぐ

めぐりゆく季節を
終わりなき時の流れを
この肌で
この体で
私はずっと知っていた

形なき命が
形として現れることを選び
いわゆる
感情という名の振動を
お互いに発しながら
形ある命から
形なき再びの旅に出るまで


味わい尽くそう

震える心を
沸き立つ勇気を
胸をつく怒りを
温かな愛を


味わい尽くそう

そして再びの旅に出る時
これも選んだのだと気づくだろう

全て
選んできたのだと

 

チャンスの神様を見送って…

逃げるようにここにきた

 

とにかく

空気が吸いたい

 

 

 

自分の願望が

本当に目の前に現れた時

その大きさに狼狽える

 

 

チャンスの神様は前髪しかないから

やってきたら

すぐに手を伸ばして掴んでね

 

大好きなあの人が教えてくれた言葉

 

 

 

準備ができた人から奇跡は起こる

 

そうなるようにと日々過ごした

 

 

少しづつ

自分を愛し

幸せを感じ

幸せはなるものじゃなくて

あるものだってのも

わかったつもり

 

 

こうなる

って

思い描いて

いざ目の前に現れたら

狼狽えた

 

 

狼狽えを

選択  という言葉で隠し

神様の後ろ姿を見送った

 

…ということに気づいた時

とめどなく涙が溢れてきて

泣くだけ泣いて

久しぶりに

大声で泣いて

目が白くぼやけて

顔がカパカパになって

鼻がズルズルになりながら

思いを吐き出したら

 

なんのことはない

天使が手を差し伸べてくれた

 

天使の力は絶大で

あれだけこの世の終わりだったのに

軽くなった

 

 

終わりじゃない

これっきりじゃない

 

求めれば

与えられるのがわかったじゃない

 

それだって前進

 

次来たら

迷わず手を伸ばせるように

心の準備を整える

 

 

もっと自分を信じれるように

楽しめるように